整形外科・リウマチ・リハビリテーションなら山口県下関市|二武整形・リウマチクリニック

整形外科・リウマチ性疾患でお悩みの方が安心して受診していただける専門的なクリニックです

二武整形・リウマチクリニック

ホーム事務長ブログ ≫ 沈みそうで沈まない ≫

事務長ブログ

沈みそうで沈まない

昨日、院長と二人でいつものようにランニングしていた時、事件は起こりました。

唐戸船着き場を走っていたら、突然突風が吹き、私がかぶっていた帽子が飛ばされて

しまったのです。

帽子は運悪く、海の方へ。

ですが、どこに飛ばされたのか確認できずおろおろしていましたら、傍にいた男性が

こっちに落ちてるよと指さして教えてくださいました。

覗き込んでみると、ちょうど桟橋の真下をぷかぷかと流れていました。

すると、院長がとっさに踵を返して、長い棒のような物を持ってきました。

救命用の3メートル近くある棒で、先がフックのようになっているもので、

これで引っ掛けようというのです。

ところがこの棒、かなりの重さがあるらしく、なかなか思い通りに動かない様子。

岸壁から大人が3人で大捕物帳です。

そして、ついに引っ掛けたのですが、重くて上がりません。

院長は岸壁の欄干に棒を乗せ、てこの原理を応用して、ぐーーーっと持ち上げたその時です。

反対側の桟橋にいた若い男性が手を伸ばして、帽子をキャッチしてくれました。

この男性、門司港からの渡し船の船長さんらしく、船の中から一部始終を見ていたようなんです。

そして、船が着くや否や状況を把握。

帽子を捕まえたというわけなんですね。

お礼をと思い駆け寄りましたら、爽やかな笑顔と共に一言。

「これ、洗いましょうか!」

え。。(゜-゜)。。。。

彼は船着き場に戻り、慣れた手つきで帽子を洗い、ハイ!と渡してくれました。


もう、この気持ち、なんなのでしょう。

一緒に探してくれた男性といい、帽子をキャッチしてくれた船長さんといい、

重い棒を必死に持ってきてくれた院長といい、

胸が熱いものでいっぱいになりました。


二人の男性にお礼を言い、濡れたままの帽子をかぶり、私たちはまた走り出しました。


この帽子。

沈まなかったね。

勝負服ならぬ勝負帽子だねぇ。

最強かも!!!
IMG_1238_コピー_コピー



次回の更新は6月1日(火)です。お楽しみに!


















 
二武整形
リウマチクリニック
〒759-6311
山口県下関市豊浦町吉永1844
tel: 083-772-0835
fax:083-772-0855
曜日
午前
午後
<診療時間>
[午前] 9:00~12:30
[午後] 14:30~18:00
<休診日>
木曜午後
土曜日午後、日曜・祝日 アクセス

モバイルサイト

二武整形・リウマチクリニックスマホサイトQRコード

二武整形・リウマチクリニックモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!