整形外科・リウマチ・リハビリテーションなら山口県下関市|二武整形・リウマチクリニック

整形外科・リウマチ性疾患でお悩みの方が安心して受診していただける専門的なクリニックです

二武整形・リウマチクリニック

ホーム ≫ 事務長ブログ ≫

事務長ブログ

事務長走る!

ebi_コピー_コピー

師走にはいりました。

「先生も思わず駆け出すほど忙しい」ので「師走」といいますが、二武整形の

事務長は季節を問わず走っております。

先週の土曜日は2時間走を行いました。

ペースもスピードも考えず、ただひたすら黙々と動き続けるトレーニングです。

2時間も無理!と思われるかもしれませんが、その時の私の体と脳の状態は

 

「リラックス」

 

なんです。

何も考えず、どこにも力を入れず、回遊魚のごとく動いているだけ。

後で時計から送信された記録を見てみますと、脈拍が145とほぼ一定なのが何よりの証拠です。

家を出たときはまだ明るかったのに、2時間走が終わってウインドスプリント5本で

しめたときはもうどっぷり日が暮れていました。

体丸ごとクリーニングしてもらったような爽快感で病みつきになります。

 

さて、冒頭に入れております写真は、待合室の水槽の中で見つけたものです。

なんと、エビの脱皮した抜け殻なんです。

爪の先を触りますと、ちゃんと硬いんですよ❣

事務のYさんがお箸で上手に取り出してくれました。

Mさんが「エビも衣更えですかねぇ」と上手いこと言ってましたね。

 

とても12月とは思えないほどの生ぬるい気温で調子狂いそうですが、しっかり

体調管理して乗り切りましょうね!

 

次回の更新は12月7日(金)です。お楽しみに!

 

 

スーパーおじい!

先日、朝のニュースを見ていましたら、衝撃的な映像が飛び込んできました。

沖縄在住の74歳の「おじい」が、バスケットボールの3ポイントシュート対決で

500連勝してるそうなんです。

対決は、ゴールまで6メートル以上離れたところからの「スリーポイントシュート」に

5本ずつ交互に臨み、先に10本決めて方が勝ちというもの。

沖縄ではかなり有名らしく、「ジョーダン」とよばれているそうです。

本人曰く、毎日毎日来る日も来る日もひたすら練習したとのこと。

 

「あきらめない」とか

 

「不屈の闘志」

 

なんてよく耳にしますが、早々毎日根性だけで練習はできないものです。

多分、おじいは楽しかったんだと思います。

楽しいから続いたんだと思います。

私がマラソンを始めたころ、いろんな方から「楽しんで!」と言われました。

その頃は毎日が必死で、楽しむどころか練習が義務になってしまい、予定通りに

走れなかった日は落ち込んだりしていました。

でも、今ならおじいの気持ちがわかります。

なぜなら、走ることが楽しくて仕方ないからです。

毎日の練習もなんということもありません。

 

私も74歳まで走り続けて、

下関の「スーパーおばあ」と呼ばれたいです‼

ふふ❣

 

次回の更新は12月4日(火)です。お楽しみに!

 

 

フレディ・マーキュリーという生き方

先日、「ボヘミアン ラプソディ」を観てきました。

伝説のバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの自叙伝です。

下関の映画館は3面スクリーンが導入されていますので、そちらで観ましたら

大変なことになってしまいました。

映画に入り込みすぎて、ライブのシーンでは立ち上がりそうになりました。

クイーンの曲はどの曲を聞いても、聞き覚えがあるくらい有名ですね。

まだ上映中ですので詳しくは書けませんが、とにかく観てください!

素晴らしい映画です。

彼の孤独感や葛藤、栄光と挫折がよく描かれています。

まさに天才とは彼の事でしょう。

「生き急いだ」人生でした。

最後は涙がとまりませんでした。

 

特に最後のライブエイド(チャリティーコンサート)のシーンは完璧でした。

 

もう一度観たいです。

 

次回の更新は11月30日(金)です。お楽しみに!

 

あわや‼

昨日、通勤中の事です。

先頭の車がノロノロ運転で5台ほど連なって走行していました。

私は後ろから2番目。

一番後ろはRV車なんですが、この車、いつも私の後ろからきてかなりのスピードで

追い越していくんですね。

そして、この今日のノロノロ運転。

かなりイライラしていたと思います。

ですが前には4台の車と、おまけに緩やかなカーブですので対向車が見えないという

状況でした。

ところがです。

 

あろうことか、その車はいきなりスピードを上げて反対車線へ!

 

その時、カーブの向こうから対向車が‼‼

 

息をのんだその時、なんと対向車が止まったのです。

 

ノロノロ運転をしていた先頭の車も徐行し、RV車が入りやすいようにしていました。

 

一瞬の事でした。

 

ですが、この一瞬の判断を間違えれば大事故だったのです。

 

このRV車、いつも猛スピードで走行していますので常習犯なんですが、何を

考えているのでしょうか。

猛烈に怒りがこみあげてきました。

 

朝から肝が冷えた事件でした。

 

次回の更新は11月27日(火)です。お楽しみに!

 

 

山口県民が知らない山口名物

IMG_7199_コピー

先日の朝礼で、院長が「チキンチキンごぼう」の話をしました。

なんでも山口県の名物なんだそうですが、院長は知らなかったとか。

そこで、スタッフ全員に聞いてみましたところ、

 

全員が

 

知りませんでした。。。。

 

そこで、帰り道にコンビニによってみましたら、ありました!

 

「チキンチキンごぼう」‼

 

見るからに甘辛い醤油味とお見掛けしましたが、一ミリも違わず「甘辛醤油味」でした。

ビールが欲しくなりますね。

また、そのコンビニで

「チキンチキンごぼう味 ポテトチップス」なるものを発見❣

 

私の知らないうちに山口名物が増えている⁇

 

時代に乗り遅れている感満載の事務長でした。

 

次回の更新は11月22日(木)です。(23日が祝日ですので)お楽しみに!

 

 

第一号⁇

昨日、15キロ走を行いました。

自宅を出て、唐戸市場まで。

そこから関門海峡添いに海岸線を走ります。

まさに、海響マラソンそのもののコース‼

つい10日ほど前にここを走ったと思えないほどの交通量に少々げんなりしつつも

快調に走り続けました。

折り返し地点の関門医療センター辺りで一人の高齢のご婦人とすれ違いました。

その際に、何か話しかけられたようでしたので足を止めて、「どうされました?」と

尋ねましたら意外な返事が返ってきました。

 

「あのね。関門トンネルの人道を一番最初に走ったのは、この私なのよーー!

 あなた!

 頑張りなさいねーーー!」

 

その言葉を聞いた時、一瞬こみ上げるものがありました。

ですが、グッとこらえて満面の笑みで

 

「ありがとうございますーーー! 頑張りますーーー!」

 

と返事をしました。

 

関門トンネル人道は、以前もブログでご紹介しましたが、下関から対岸の門司港まで

歩いて行ける海底人道なんです。

天候や気温に左右されないので、ランナーの格好の練習場となっています。

おまけに適度な傾斜が付いていますので坂道ダッシュなどもってこいなんですね。

その人道を最初に走った女性に声をかけていただけるなんて。。。。。

 

きっと私、鬼のような形相で走っていたんでしょうね。

それからは、肩の力を抜いてゆっくりと走りました。

 

ランニングは人生と同じ。

楽しまないと。

 

そう教えていただいたような気がしました。

 

次回の更新は11月20日(火)です。お楽しみに!

 

 

 

 

お江戸ワールド

先日、講談を聞く機会がありました。

どんなものかイメージが湧かなかったのですが、ずばり申し上げましょう。

 

最高に面白かったです!

 

今回の物語の主人公は25歳のお医者さん。

時代はもちろん「江戸時代」でございます。

彼は真面目一本の堅物なんですが、ひょんなことから吉原の花魁にのぼせてしまいます。

通いに通いつめ、とうとう父親の医学書を質に入れた事がばれて、勘当されてしまいます。

ふと我に返った彼は心を入れ替え、3年もの間必死で働き、診療所を開くまでになりました。

そんな時、妙な噂が耳に入ります。

昔惚れ込んだ花魁が、自分のことを思い続けており、ぱったり脚が遠のいたことで

気を病み、座敷牢に入れられているとか。

彼は取るものもとりあえず遊郭へ駆けつけ、3両で花魁を身請けします。

彼は必死で看病し、数年ののち、花魁の瞳にぽっ。。と光が差すまでになりました。

さて、そうなりますと遊郭の主人が黙ってはいない。

吉原で5本の指に入るといわれた人気の花魁ですから、返せと物言いをつけてきました。

「3両で身請けしたではないか」

そういう若先生に向かって、証文はあるのかと詰め寄る主人。

はなっから証文など渡していないのですからあるわけがない。

花魁を返せ返さないとすったもんだやっていますと、長屋の大家さんが間に入ってきました。

「ここはひとつ私に任せてくださいな」

遊郭の主人はまた明日来るからと捨て台詞を残し、去っていきます。

さて、この大家さん。

ばあさんに、茶碗を一つ用意するよう伝えまして、明日になりました。

案の定、遊郭の主人と大家さんの意見が紛糾し、つかみ合いの喧嘩と相成りまして、

殴りかかってきた若い衆に向けて茶碗を投げつけ、割ってしまいます。

そして、とうとう決着は公の裁きの場へ。

裁くのは時の名大官・大岡越前であります。

 

「一同面を上げい!」

 

お決まりのセリフの後、裁きが始まりますがこれを書きますと長くなりますので

割愛します。

要するに、証文がないなら花魁を連れて帰ってよい。

しかしながら、この若先生は3年もの間看病し、投薬もしている。それをすべて

計算すると約2,000両になるから、即刻この場で支払うようにとの

お沙汰を下します。

 

どうです⁉

胸がすくような名裁きではありませんか!

そののち、若先生と花魁は夫婦となり幸せに暮らします。。。。と言いたいところですが、

後日談があります。

裁きの後、大家は遊郭の主人を呼び出します。

はて、何の用だろうとのこのこ現れた主人に対し、大家さん、割れた茶碗を差し出します。

これは先祖代々伝わる家宝だと。

先日のすったもんだの騒ぎでわれてしまったから、弁償しなさいと。

そんな無茶苦茶な。。。と言いつつも、一体いくらなんですかと聞きますと

この大家さん最初からそのつもりだったらしく

「20両」

とこたえ、まんまと大金をせしめます。

 

洋の東西を問わず、こういった名裁判は歌劇などの演目になりますね。

シェイクスピアの「ヴェニスの商人」などまさにこのパターン。

 

もし私がこの話の脚本を書くとしたら。。。

 

大岡越前・・・加藤剛

若先生・・・・綾野剛

花魁・・・・・島崎遥香

遊郭の主人・・古田新太

長屋の大家・・笹野高史

 

こんな感じでいかがでしょうか⁉

 

次回の更新は11月16日(金)です、お楽しみに!

 

 

 

 

 

海響マラソン回想

怒涛の下関海響マラソンが終わり、あちこちから感想が聞こえてきました。

皆さん異口同音におっしゃいます。

 

「暑かった!」

 

と。。。。

 

私よりかなり前を走っていたAちゃんの話によりますと、嘔吐していたランナーさんも

いたとか。

本人もアクエリアスが飲めなくて水ばかりのんでいたら飽和状態になり、おまけに足が

つりそうになって歩きました、、とのことでした。

本当に過酷な大会だったようです。

 

懇意にしているランナーさんでブログを書いてらっしゃる方がいて、毎日楽しみに

しているんですが(彼はサブ3!です)、以前のブログでこんなことを書いてらっしゃいました。

レースで心肺停止になり救急搬送された方と、後日ばったり街中で会って涙ぐんでしまい

ましたと。

また、別のレースではなくなった方も。。。

私たちはいつも夫婦で走っていますので、携帯は持たずに走っていました。

ですがこのブログを読んで、明日からちゃんと持っていこうと思いました。

特に早朝は人通りが少ないのでマストですよね。

 

いつそうなってもおかしくない年代なんだということを肝に銘じて走ろうと思います。

 

次回の更新は11月13日(火)です。お楽しみに!

PS.前回完走のメダルの写真をアップしますとお知らせしたのですが、うまく送信

出来ず断念しました。

 

 

 

下関海響マラソン

11月4日、抜けるような青空の元、いよいよ下関海響マラソンが始まりました。

今回はフルマラソンに私たちのほかにもう一人女性スタッフが、そして5キロの部に

2人のスタッフがエントリーしました。

そしてスタートの号砲がなり、一斉にスタート。

なんとスタート直後から凄い汗が。。。。!

とにかく暑かったのです。

いつもなら長袖のシャツと半そでを重ね着するのですが、今回は半そで1枚で正解でした。

前半はフラットでとても走りやすく1キロごとにペースを見ていたのですが、いつもの

練習より1分近く速いペースで走り続けました。

とにかく調子がよく、もっと上げてもいけそうなそんな気さえしていました。

前半25キロまではこの速いペースで走り続けました。

こんなことは初めての事でしたので、後半どうなるのか想像がつかないくらいでした。

そして、後半は海響マラソン名物・坂のオンパレード。

案の定、足が止まってしまいました。。。

 

人生そんなに甘くない。

 

前半でスタミナをつかってしまったのか脚も肺も大丈夫なのに全身の細胞が

溶け出すようなそんな疲労感がまとわりついてきました。

おまけに異常な暑さ。

何人ものランナーが道路わきに倒れこみストレッチをし、走行中係員に止められる方もいました。

どんなに水分を摂っても摂っても乾きが治まらないのです。

塩飴を持っていたのですが、体が受け付けない。

これはリタイアか。。。とさえ思いましたが、そこがフルマラソンの面白いところ。

 

「いつ回復するかわからないから、あきらめるな」

 

この言葉通り、8キロ手前から少しずつ走り出しました。

どこにそんな力が残っていたのか、自分でもわかりません。

ただ、いつも悩まされていた左膝の痛みが今回全く出ていないことに気がついたのです。

1月から毎朝欠かさずパワープレートで筋トレした効果だと確信しました。

38キロまで来てリタイアなんて絶対できない!

歯を食いしばって走っていましたら、前方に何やら見慣れた後ろ姿が。。。

 

院長でした!

 

そこからはもう足がつらないように慎重に慎重に進み、初めて二人で一緒にゴール

しました。

そのあと、もう一人のスタッフも見事完走!

もう感動で言葉が出ませんでした。

そんなに練習する時間などなかったはずなのに、最後まで諦めずに頑張り通しました。

5キロに出た2人も無事完走!

 

私たちのタイムは相変わらずでしたが、今回の大会は忘れられない感動のゴールとなりました。

 

「記録より記憶」に残る大会でした。

 

月曜日はトレーニングはお休みしましたが、今日からまたパワープレートでの筋トレを

再会しました。

次のレースが控えていますからね。

 

まだまだ走り続けますよ!

 

次回の更新は11月9日(金)です。お楽しみに!

PS.メダルと完走賞の写真を撮るのを忘れていました。次回アップしますね。

 

 

相棒❣

IMG_7140_コピー_コピー

11月に入りました。

いよいよ海響マラソン本番が明後日となりました。

患者さんの多くは私がフルマラソンを走ることをご存知なので、帰り際に「頑張って!」と

声をかけてくださいます。

患者さん自身もフルマラソンに出られる方もいらっしゃり、話が盛り上がります。

お話の中で、「フルマラソンって、途中はなんでこんなにキツイことするんやろ。。

と思うのに、ゴールしたら忘れるんだよね」と皆さんおっしゃいます。

本当にそうなんです!

42.195キロ、ずっとキツイわけではなく、途中回復したりするんですよ。

そしてまた、泣きたいほど辛くなって、ゴール手前でいきなり回復して。。。。

という感じなんですね。

もう精魂尽き果ててボロボロでゴールするのに、終わったらもう次のレースを

かんがえてしまうんです。

だから、止められないです当分!

 

写真は、レースの定番の相棒です。

シューズは消耗が激しいので頻繁に変わりますが、ここ何年かはこのモデルが

気に入ってリピートしてます。

帽子は、なぜかわかりませんが、こればっかりかぶっています。

10個以上ある中で、一番相性が良いんですね。

多分、安心するんでしょうねこれをかぶっていると。

 

まだまだフルマラソンを楽しむ余裕なんかありませんが、今年も元気で、怪我もなく

スタートラインに立てることに感謝します。

6日のブログ、笑顔で報告できますように❣

 

次回の更新は11月6日(火)です。お楽しみに!

 

 

 

 

 

二武整形
リウマチクリニック
〒759-6311
山口県下関市豊浦町吉永1844
tel: 083-772-0835
fax:083-772-0855
曜日
午前
午後
<診療時間>
[午前] 9:00~12:30
[午後] 14:30~18:00
<休診日>
木曜午後
土曜日午後、日曜・祝日 アクセス

モバイルサイト

二武整形・リウマチクリニックスマホサイトQRコード

二武整形・リウマチクリニックモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!